不用品回収で処分するメリット。

家庭で普段出るゴミは一般ごみと空き缶空き瓶、ペットボトルが主で、それより頻度が少ない物が、廃品回収に出す、新聞や段ボール類、衣服などです。そして、それ以外のゴミは粗大ごみとして処分するのが普通です。



粗大ごみは自治体によって有料化が進んでいて、そのような地域では市町村に事前連絡の上、委託された回収業者が引き取りに来ます。

では、このように無料や有料で自治体に回収してもらう場合と、不用品回収業者に回収してもらう場合の違いをみていきましょう。

渋谷区の不用品回収の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

まず、自治体の粗大ごみでは、回収に出せるものが限定されています。


回収できないものとしては例えば、家電リサイクルの対象となっている、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などは回収してもらう事は出来ません。

今、評判なのはこちらのiemo情報といえばこちらです。

パソコンやモニター類も同様にパソコンリサイクル法の対象となっていて回収は不可です。

また、事業で発生した粗大ゴミも同じく不可能です。


さらに、大きいピアノや耐火金庫、不要なバイクや自動車、小さい物では消火器や自動車のバッテリーなども対象外です。

石や土砂などもそうです。一方、不用品回収業者の場合は、対応している不用品は業者によって違いこそ有りますが、その多くは廃棄物処理の資格を持っていたり、持っている業者と提携して事業を行っている為、余程有害性の有るものや危険性の有るものでない限り、ほとんどの不用品の回収を行う事が可能です。

しかも、料金は自治体の粗大ごみのように一品いくらという事とは限らず、体積であったり、重量であったりと、まとめていくらという形で量が多い程割安となります。


しかも、金属類のゴミの場合はお金をもらえる場合も有りますので、それをふまえて不用品回収業者に依頼する場合も有ります。
このような事から、不用品回収で処分する事は結構メリットが多いという事が言えるでしょう。